環境への取り組み

HOME > 環境への取り組み

基本理念

加藤電機株式会社は加藤電機グループとして、「ふれあいを大切に技術で奉仕」の企業理念のもとに、地球環境の保全が現在社会の最重要課題の一つであることを認識し、あらゆる面で環境の保全に配慮して事業活動を行う。

環境基本方針

加藤電機グループは、パソコン用チルトヒンジ・複写機用ヒンジ・携帯電話用ヒンジ・テレビスタンド用ヒンジ及びデジタルビデオカメラ用ヒンジなど摺動技術を駆使した特殊ヒンジを開発・設計・製造・調達・販売をしている。
これらの事業活動を行うにあたり、事業活動そのものはもとより、製品およびサービスにおいてもできる限り環境への負荷を少なくするために次の環境保全活動を行なう。

  1. 事業活動および製品・サービスが環境にどのような影響を及ぼしているかを評価するシステムを確立し、環境に与える影響が大きく、経済的にも可能であり、その効果も大きい事項から継続して改善を図り、環境汚染への予防に努める。
  2. 製品の設計段階から環境への影響を考えた取組みをすることはもとより、現状では無理であると思われることであっても、その影響が大きいと考えられる事項は、極力排除していくよう継続的に努力する。特に「グリスレスヒンジ」についてはその最も重要な事柄のひとつであることを認識し、あきらめずにその実現に向けて継続して努力する。
  3. 環境関連法令および加藤電機グループが受け入れたその他の要求事項を遵守する。
  4. 加藤電機グループが行う事業活動、製品及びサービスの中で、次の項目を環境保全活動の重点項目として、全体的に取り組む。
    1. 廃棄物の有効利用・適正管理の推進。
    2. 製造段階で発生する不良品を「ゼロ」にすることを究極の目標とし、生産指導の徹底を行なう。
    3. 設計段階から製品の使用・廃棄を考慮し、使用が禁止されている有害な化学物質、全廃を目指す物質を明確にし、適正な管理を徹底し、汚染の予防を図る。
    4. 環境管理物質管理システムの強化。
  5. 定期的あるいは必要に応じて環境マネジメントシステムを見直し、継続的に改善を図る。
  6. この環境方針を達成、維持するため、全従業員に周知・徹底させるとともに当社のために働く方々にも周知する。また必要に応じて社外へも開示する。

2014年10月1日  加藤電機グループ
加藤電機株式会社 代表取締役社長 加藤徹也

トップへ戻る